かねひろ株式会社ホーム >> 社長挨拶
 

社長挨拶

Humanity & Technology
かねひろ株式会社は、「人間性」と「技術」のバランスをとる事が大切であると考えています。


最低限の質のものを売って、最低限の質のものを買って、それで、人生を振り返る時間もない。驕れるものは久しからずですから、心頭を滅却すれば幸せになれるのかもしれません。

しかし、遊び心を持って仕事をすれば、面白いものができると思います。そこに面白味を見つけてもらえて、その輪を広げられたら、もう少し面白い世の中になると思います。

宇宙は何もない所から生まれたそうです。もともと何もなかったから、物質と反物質が同時にできたのに、対称性の破れとかで物質だけが残ったとか。

遊び心を持って、真面目に取り組みます。良いものが残ると思います。

Selling the minimum quality and buying the minimum quality. At the end of the day, no time to take a good look at myself. Anyway, all things are impermanence, so far I heard. Maybe clearing our mind of all mundane thoughts might let us happy.

But, if we work with playfulness, we perhaps could create some goodness. If people would find it interesting and we could spread it into the world, then we could create more humanity to the world.

The universe has been created from the field, where nothing was, according to physicists. As it was empty, the matter and the antimatter were created together, but only the matter has remained because of so called Symmetry breaking.

We work hard with playfulness. Then what matters remains.

環境方針

環境には、自然科学的な環境と人文学的な環境があります。
自然科学的な環境には、動物・植物などの生物界、その生育・生息基盤となる地形・地質、これらが織りなす生態系や景観があります。

人文学的な環境には、社会環境、経済環境、政治環境などの一般環境と、競合環境があります。競合環境は、5フォース、即ち競合業者、
新規参入、代替製品、顧客、およびサプライヤーとの関係で形作られます。

我々は、望むと望まざるとに係わらず、それぞれの環境に影響を与えます。我々が望んでしていることは、射出成型品の納入を通して、
顧客に対して価値を提供することです。

提供しているのは製品だけではありません。見込み客から引き合いを受けた際、まずは先方が抱えている問題を理解して差し上げることから
始まります。次に我々から、顧客の要望に対応した技術情報を提供します。開発が始まれば、顧客の開発部隊の一部として、
顧客側の担当の方が進めやすいように、また総合的に見て顧客の役に立てるように尽力します。
そして、実際に製品を納入する際には製品そのものに加えて、安心を提供します。納入した製品が、理想的な状態で機能することにより、
実際に使用する方へも価値を提供します。このように、顧客に価値を提供するためには、成型技術はもとより、
それに関係するあらゆる知識と技能、管理能力、また、生産的な活動や顧客対応のためのHumanityが必要です。

我々の顧客は、これら我々の持てる能力を必要としている全ての方々です。顧客は企業かもしれませんし、個人かもしれません。
海外にいるかもしれませんし、身近にいるかも知れません。我々の提供する価値により、顧客の生活がHumanity豊かになることを望みます。

一方で我々が望まずにしていることは、自然環境の破壊です。人類の生存を脅かし、Humanityを害する環境破壊を予防するシステムを構築し
運営することを約束します。同様に法の順守は元より、Humanityを害する反社会的、偽善的な団体などに対する支援も行いません。
そして我々は、ここに挙げなかったHumanityを向上する働きかけが見つかれば、成型技術に関係する「製品とサービス」を以って、
積極的に取り組みます。

Environmental policy

Improving Humanity by "Products and services" related to the injection molding technology.

We focus to the artificial environment as well as the natural environment. The natural environment includes the living world, such as animals, plants and also the underlying topography, geology, ecosystems and landscapes. The artificial environment includes the social or economic environment and the competitive environment defined in 5 forces model; Customer, Supplier, Competitive rivalry, New entrants and Substitute products. Regardless of desired or not desired, our responsible action affects them.

We are willing to provide the value to the artificial environment by injection molding technology so that it improves its Humanity. It does not mean only providing the molded parts to the customer but also understanding the needs, providing the technical information, collaborating as a part of customer's development team and the reassurance that our parts function as desired.

Our customers are everybody who needs our ability.

On the other hand, the action for the artificial environment could easily cause to the destruction of the natural environment. We define such situation as an anti-humanity situation, because it threatens the survival of the human race. We promise to build and implement a system to prevent that. Moreover, we comply with the law and do not provide any support for any antisocial, hypocritical organization that may harm Humanity.

Also we take an action to improve Humanity by injection molding technology related products and services, if we find any other action than listed here.