かねひろ株式会社ホーム >> 事業紹介
 

事業紹介

お客様のニーズに合わせた開発提案

開発提案開発提案開発提案

形状提案

お客様と綿密な打ち合わせを行い、樹脂成型を熟知した当社技術者がお客様の課題とニーズに応じて、プラスチック材料の特性を活かした形状と製品設計を提案いたします。

例えば金属製品の樹脂化による低コスト化の実現提案。設計上必要な機能や機構をプラスチック部品で展開することで、意匠性に富んだ低コストの製品が誕生します。

材料提案

2種類の熱可塑性樹脂を自由に組み合わせ機械構造により密着させることで、接着などの後工程の必要がなくなり、コスト削減につながります。

例えばガラス製品をプラスチックで実現するなど、お客様の課題解決とニーズにお応えできるよう新たな材料の提案と開発にも取り組んでいます。
これまでにない商品開発のため、製品設計や技術開発に積極的にチャレンジし続けています。

〔取扱い樹脂〕・ABS / POM / PBT / PC / PA / PEI / PP /PPS / PES / PEEK / LCP / その他

※その他にも図面トレースやCAEによる強度解析などのサービスも行っています。

特許実績

HDD部材、インクジェット記憶装置部材、流体分岐ブロック用金型など特許技術を取得しています。

正確かつスピーディーな金型技術

開発提案開発提案

金型設計

3D-CADを主体に2D/3D-CADの双方の利点を活かし、多分野に向けた複雑なプラスチック射出成型用金型をスピーディーかつ正確に設計します。

精密金型

複雑な二材質プラスチック射出成型用の金型製作の場面では、互いに異なる材料特性を一つの成型品として完成させるためのシビアな加工精度の実現をしています。

二材質の製品を同時につくる成型技法

開発提案開発提案

二材質成型

二材質成型の製造過程では、一次側樹脂部分を成型後、成型品を金型内に残した状態で金型可動側を反転させ二次側樹脂の成型を行います。このような製造方法により同一金型内で、二材質が一体化した製品として完成します。(インサート成型とは異なります)

スーパーエンプラ全般の樹脂特性を余すことなく活かす最適な成型条件は、当社の経験豊富なプラスチック成型技能士(国家資格)によって設定されます。

全自動成型

産業用ロボットを積極的に活用した独自の全自動成型ラインの構築により、「金型取り出し→ゲートカット→ランナー排出→トレイ整列」まで、人の手に触れることなく製品ができあがります。

二材質(二色)成型機14台を含む、25~80tonクラスの射出成形機30台の生産能力を保有しています。

また無人工場における工程監視の徹底で、ロボットによる24時間稼働体制での生産対応が可能です。

人と機械の眼による厳密な製品検査

開発提案開発提案

寸法検査

製品が図面の要求通りの寸法に仕上がっているか、寸法測定を行っています。
様々な分野の樹脂成型品に精通した経験豊かな検査員が、製品仕様に最適な測定方法を提案します。

画像処理測定器の採用による正確な寸法測定を実現、生産・設計部門と常に緻密な連携をとり品質管理を行なっています。

外観検査

製品の外観が品質要求通りに仕上がっているか、外観検査を行っています。

長年に渡り様々な分野の樹脂成型品に精通した経験豊かな検査員により、品質要求に応じて抜取検査から全数検査まで効率的に対応可能な体制を構築。生産部門との緻密な連携による安定した品質管理を行なっています。